中学生ごろから視力が落ちてきた

中学の3年間で視力が急に落ちてきて、
とうとう眼鏡をかけるようになったのも中学の時です。

姉も視力が弱く、彼女は成人したあたりに
コンタクトも使用するようになりました。

私は眼鏡だけでとしています、それはなぜかと言うと、
姉が一度コンタクトがずれて、物凄く痛がっていたのが
忘れられなくて、あのときの恐怖心がどうしても取れなくて、

見た目は眼鏡よりもコンタクトのほうがいいのだけれど、
恰好よりも安全第一だと考えて眼鏡にしています。

視力が落ちると、目の疲れも出てくるし、
頭の奥のほうがいたむこともあります。

そんなときには目に冷たいタオルを当てて横になったり、
目薬も冷蔵庫に保管しておくと、目薬をさした時に
とてもひんやりして気持ちがいいです。

中学生になると、勉強の量も半端じゃなくなってくるし、
遅い時間帯の見たいテレビとか、パソコンも
自分で好きなだけやるようになるので、視力が落ちたのだと思います。

でも、やっぱり眼鏡だと生活するうえで色々と不便ですよね~、
お風呂とかも大変ですが、料理や外食で焼き肉など食べたとき、
思ってるいじょうに眼鏡に油が付着したりするので嫌ですよね。

もうコンタクトのトラウマはぬぐえないので、この機会に、
レーシック手術を受けてみようかなと思っています。

東京まで行かなくても、有名なクリニックの分院が福岡にもあるので、
家族とも相談しながら検討し、とりあえず適応検査だけは受けてみようと思います。

レーシック 福岡

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0